情報漏洩はなぜ起こるか?

強固なセキュリティシステムを導入している大手の企業で情報漏洩に関わる事件が増えている。原因には、ハッキングやデータの持ち出しなどさまざまなものがあるが、いずれにせよ大企業だけでなく、個人にもその脅威が向けられる恐れがある。今後は、個人でも高いセキュリティ意識を持ち、情報管理に関するスキルをあげていかなければならないだろう。

 

そのためにまず必要なのは、現在実際に起こっている情報漏洩の現状だ。本来起こるはずのない情報漏洩がなぜ起こっているのかという問題の背景をよく知ること。そして同時にその対処法を知り、問題が起こったときにいち早く対応できるようにしておくのが最善の対策だろう。

 

意外と多い人的ミスからの流出

 

情報漏洩の原因として最も多いのが人的なミスだ。情報セキュリティインシデントに関する調査報告書によれば、仕事上の「管理ミス」や「誤操作」や「紛失・置き忘れ」が情報漏洩の原因の約90%を占めるという。

 

「管理ミス」や「誤操作」は、社内での機密情報を誤って廃棄してしまったり、メールで外部へ送信してしまったりすることから起こる。

 

また「紛失・置き忘れ」は、会社で自分のパソコンやUSBメモリーなどを使っている人が外出先で置き忘れたり、なくしてしまったりすることから起こる。

 

いずれにせよ、人的なミスは社内での機密情報を外部に持ち出すことから生じる。個人でも重要な情報を外部に持ち出さない対策が必要だ。

 

最も驚異なのはウイルスからの流出

 

これから最も気をつけておかなければならないのは、個人情報が知らず知らずのうちに勝手に流出してしまうケースだろう。以前ではWinnyのようなファイル共有ソフトからの流出が非常に多かった。ファイル共有ソフトでは利用者がウイルスに感染しているとは知らずに利用してしまい、知らず知らずのうちにウイルスが広まってしまうという問題があった。現在では以前ほど利用する人が少なくなったが、今後も注意が必要なことに変わりがない。
また、Winnyのようなファイル共有ソフトを利用していないからと言って個人情報が安全なわけではない。

 

例えば、USBメモリーを使っている人は、知らず知らずのうちにウイルスやスパイウェアなどのマルウェアに感染してしまう恐れがある。一度感染してしまえば、ウイルスは自分自身をPC内に複製し、そのPCを使った人がさらに感染するという事態に陥ってしまう。

 

自分だけでなく周囲の人たちのためにも、ウイルスやスパイウェアに対する対策を万全にしておく必要があるだろう。

 

よくある間違いだがウイルス対策ソフトをインストールしておけばに絶対にウイルス感染しないと思っている人がいるようだ。セキュリティソフトのインストールは最低限の対策と言うことを事を忘れずにいよう!